招き猫7号 正倉院モチーフ模様(安江美香作)

飛騨高山でご活躍の招き猫作家『安江美香』さんの作品です。
伊勢のおかげ横丁で見かけられた方もいらっしゃるかもしれません。

目を開いた招き猫は
「先が見通せるように」という意味があります。
目の中に4色(緑は健康運、青は開運、黒は厄除け、白は円満)入れて描いています。

正倉院の宝物『粉地彩絵津久几』をイメージして描かれた招き猫。

奈良限定の招き猫です。

約H220×W140×D110


もしご希望の図柄などございましたら、ご相談の上製作する事も可能です。
文字やお名前、社名などをお入れすることも可能です。

詳しくはこちら↓
オリジナル招き猫製作 オーダーメイド (飛騨高山 招き猫作家 安江美香作)
販売価格
16,500円(税1,500円)
購入数